必ず紹介されるiForex


sdfhje8743 アイフォレックスはFXの経験が長い人なら誰もがその名を知っている海外業者です。というのも、まだ日本に海外業者があまり参入していない時期から日本に紹介されており、海外の業者を使うならばかならず候補のひとつとして挙げられていた業者だからです。

日本に紹介された当初はまだ、海外業者のサービスも不十分でしたが、次第に海外業者で取引をする日本人トレーダーも増えたため、現在ではその多くが日本語に対応しています。iForexも例外ではなく、公式ホームページや口座開設のステップはもちろん、ライブチャット、メール、電話のサポートすべてで日本語が使えるようになっています。

iForexでは独自の取引ツールを開発、提供しており、それを用いて取引を行えます。使い勝手をテストするため、デモトレードを用意するFX業者も多いですが、iForexではそれに代えて詳細な取引画面の手順を紹介しています。習うより慣れろのデモトレードも良いのですが、iForexでは取引画面を何枚も画像を使って説明してくれているので、デモトレードを動かすよりも早くiForexの取引ツールについて内容を把握できるようになっています。もっと詳しくはこちらiForex初心者でも分かりやすい解説をご覧ください。

iForexの取引ツールはインストールプログラム型のFXnet Trader、そしてブラウザーでその画面にアクセスするだけで取引できるFXnet Viewerの2種類です。

FXnet Traderはパソコンにインストールして使用する高機能取引ツールです。取引や資金管理、さらに詳細なテクニカル分析も可能であり、各画面やチャートを自由にカスタマイズして配置できます。ポジションや損益管理をしながらチャート分析を行うなど、それぞれのトレードスタイルに合わせた取引環境を構築できる取引ツールです。

これに対してFXnet Viewerは利便性に特化した取引ツールになっています。インストールの必要がないため、出先などのパソコンでもブラウザーでアクセスすれば取引が行えるのです。これに準じるツールとしてiPhoneやiPad、Android端末用のツールも提供されており、手元にパソコンがなくても取引を常に行えるよう配慮がされています。

FX取引における最大のリスクである追証に関しても、iForexでは対策が設けられています。FX業者は強制ロスカットのシステムを用意し、損失が口座の証拠金を上回らないようにしています。しかし、為替変動が激しすぎると、強制ロスカットの決済注文が約定せず、口座の証拠金を損失が上回り、追加入金して損失を穴埋めしなければならない事態に陥ります。しかし、iForexでは追証ゼロのサービスを行っているので、万が一損失が口座の証拠金の金額を超えた場合でも、その時点で損失の拡大はストップされます。本来はマイナス分を支払わなければならないところ、iForex内の注文や損益の相殺で追証を支払わなくても良いようになっているのです。これはある意味iForexがトレーダーの損を呑んでくれているとも言えます。損切りが通用しない以上、トレーダーには
急激な為替変動に対抗する措置がないので、この追証ゼロのサービスはトレーダーの命綱でもあるのです。